我が家の災害対策

動物たちのご飯とペットシーツを、いつもの3倍くらいストックしました。

もしもの時に備えるためです。

何しろシッポの生えた子供たちが多いし、変わった動物もいるので、災害時の配給を当てにしてはいけないと思うのです。自分の子は自分で守らなくちゃね。

ペットシーツは自分たちの緊急トイレにもなると考え、今までで最大量のストックをしました。

うっかり自分たちの食料のことを忘れていたので、今度のお休みにレトルト食品とフリーズドライの食品を3日分くらい、紙の食器と割り箸、ゴミ袋なども多めに用意しておくことにしました。

カセットコンロとガスは準備してあります。水のストックも数日間は大丈夫です。

予備食は賞味期限が近くなったら、主人が留守の時などに私が食べ、新しい物を順に補充していくことにします。

s19465z02501.gif

非常持ち出し袋は、カートつきの水タンクにもリュックにもなる物を準備しました。

aacid_04150906_034438.gif  災害後の悪路を重い水タンクを抱えて歩くのは大変なので、万が一の時には役立つと思います。

昔から「備えあれば憂いなし」と言いますから、家具が倒壊した時に、隙間に差し込んで押し上げる器具も用意しました。peti_e02.gif

set_e044650.gif   これから主人は千葉にいる時間が増えてくるでしょうから、力持ちのグッズがあれば安心ですね。

守るものが出来ると強くなりますネ。

eaimg_5438.JPG  2週間後に会える末っ子です。主人が名付け親で、「童夢」と書いて「どむ」と読むそうです。

トップへ戻る