アンケートと臨床試験参加

私には「線維筋痛症」という厄介な親友がいます。

彼女とは、どうやら生涯お付き合いをしなければならない様です。

ただ、早期に診断が付いて治療を始められれば、治る可能性があるそうなので、慢性的な全身の痛みがある人は、こんな病気もあるかもって疑ってみて下さいね。(違うことを願っていますが・・。)

時々、厚生省の治験に協力しています。新薬が開発され、副作用が少なくなるか痛みが緩和されるように願って、血液や尿を検体として提供もしています。

分厚いアンケート本が送られてきて、実態調査を受けることもあります。生活リズムや食生活、メンタルの状態まで詳しく聞かれます。

今回は、生活の実態や生活環境、痛みの場所や頻度、メンタル面などについて、かなり踏み込んだ内容のアンケートになっていました。

もう一つ、「セルフケアに関するアンケート調査と臨床試験参加のお願い」もありました。真夜中に、猫たちに邪魔されながら、せっせと回答しました。

セルフケアとは、痛みの軽減のために、患者自らが痛みをコントロールするために行う手当てです。

例えば、温泉とかヨガ、マッサージ、ウォーキング、ストレッチ、筋トレ、器具による加温などでしょうか。

今までは各自が努力していたことを、厚生省が国の研究費補助金を使って、セルフケアプログラムを作り、プロの指導の元に治療の一環として行おうという計画があるそうです。1fl0215.gif

そのために、実態調査が必要なんですね。1fl0361.gif

私の場合の有効なセルフケアは、仕事、動物、加圧トレーニング、食事とおやつ、そして恋・・・かな!?s19478z02514.gif

トップへ戻る