スタッフブログ

2018年12月13日

出会いは必然

現在の最年長の猫は胡桃です。
ノラ猫が目の前で産み捨てていった!
と、若い夫婦がハンカチに包んで連れて来てくれました。
膜に包まれたままで、呼吸はしていない状態でした。
実は胡桃は長女で、彼女が始まりだったのです。
その後ご夫妻は、次々と4匹の赤ちゃんを保護してくれました。
胡桃のママは、まるでウンチをする様に、道端に赤ちゃんを産んでは放置して、また産んで…という状態だったそうです。
最後に母猫も保護されましたが、全く赤ちゃんに興味がなく、どうしても拒否されました。
オッパイも出なかったので、胡桃たち5匹きょうだいは、一滴の母乳も飲めないまま私が育てることになったのです。
有難いことに、赤ちゃんを保護してくれたご夫婦が母猫を引き取ってくれました。
きょうだいは全員が元気に育ち、それぞれ里親さんに引き取られました。
私の母も1匹引き取ってくれましたが、里親さんの都合で胡桃が出戻ったら、快く受け入れてくれました。
きょうだい猫が亡くなり、母も3年前に亡くなったので、胡桃と後から来たニモは我が家の子になりました。
シッポの生えた子供たちとの出会いは色々ですね。
どんな出会いも必然で、最初からそうなることは決まっていた…。
そんな気がします。

保護色‼️

童夢との出会いも愛夢が結んでくれた必然かな。

診察のご案内

お電話はこちら

044-333-3949

休診:木曜日・祝日

ページトップ