院内紹介

    わたりだ動物病院は、約140平米の川崎市内でもトップクラスに広い施設です。ゆったりとした空間で皆様をお待ちしております。

    外観

    可愛いブロックで囲われた玄関が印象的です。ドアの横にはワンちゃんがお水を飲める水栓を設置してあります。ご自由にお使い下さい。

    待合室

    座席数は7席です。予約診療のためそこまで混雑しないですが、ご家族連れの方でも皆様でお座り頂けます。

    診察室1

    犬・猫用の診察室です。画像診断で撮影した画像をお見せしながら、ご説明致します。
    なるべく多くの治療を、飼い主様の目が届く診察室の中で行うようにしております。

    診察室2

    エキゾチックアニマル用の診察室です。飼い主様とゆったりコミュニケーションが取れるように広めに作ってあります。繊細な動物たちが怪我をしないように治療に必要な機材を全てしまっていたり、内側から鍵がかかるようになっていて逃亡対策が取られたりしています。

    レントゲン室

    全ての動物、全てのサイズの動物に使用しています。的確な姿勢・角度で撮影し、治療に活かしています。

    エコー(超音波検査機)

    2023年に刷新した新しい機械です。高い解像度で体内で起こっている症状を確認し、画像・動画で飼い主様にご説明致します。

    内視鏡

    誤飲・誤謬の際に、開腹せずに異物を取り除く機械です。鎮静(麻酔)から覚めてからの体調の回復が早いのも内視鏡のメリットです。

    CT

    レントゲンでは分かりづらい骨折、関節の変形、腫瘍の形状や進行度の確認に用います。手術が必要な場合には、CTの結果を見ることでどのように手術をするかの計画を立案するのに役立ちます。

    手術室

    手術中の動物のバイタル・心電図・呼吸などを確認するための麻酔モニター、酸素濃度低下や呼吸数減少時に自動作動する呼吸器、出血や術後の痛みを低減するためのレーザーメス、侵襲を減らし手術を早めるためのシーラーを導入しています。

    トリミング室

    当院では、他の飼い主様や他の動物たちがいない場所にトリミング室を設けています。
    動物たちの気が散らない環境でトリミングを受けられます。

    犬舎

    40kg超の大型犬用1室を含め、全14室あります。スタッフが見て回りやすい位置にあり、入院中のワンちゃんの異常にもすぐに気付けるようにしています。

    猫舎

    全4室あります。犬舎と別の場所にあるので、ワンちゃんが苦手な子も安心です。

    エキゾ舎

    うさぎ舎2室と普段生活しているゲージごとお預かりするスペースを広めに確保しております。
    哺乳類だけでなく小鳥もお預かりします。

診察のご案内

お電話はこちら

044-333-3949

休診:木曜日・祝日

ページトップ